「各分野のプロフェッショナルたちと力を合わせ、一つの大きなゴールを目指していく。」地質評価技術者/落合 浩志/2004年入社/新規プロジェクト開発事業本部新規探鉱ユニット

学生時代、地質学を専攻していた私にとって、大学時代の専門を活かせる石油開発業界の地質技術者に魅かれたのは、自然なことでした。2004年にINPEXに入社した後、約6年間に亘って、中央アジア地域や北海における探鉱・開発プロジェクトの地質評価作業に携わりました。その後、大手石油メジャーへ2年間出向した後、現在の部署も含めて、地質技術者としての業務に携わってきています。石油開発を専業としている当社にとって、探鉱プロジェクトは、リスクは大きいものの相対的に小さい初期投資で、大きな生産量を期待できる石油・天然ガス田を得る可能性を秘めた、石油開発事業の「基」となるもののひとつであり、探鉱に携わる地質技術者は、将来の会社の成長に直接貢献していると言えます。当社は、会社の成長戦略として中長期ビジョンを取り纏めましたが、その中で生産量、埋蔵量の増強を掲げていますので、探鉱プロジェクトやそれに携わる地質技術者の重要度はより高まっていると考えています。

人間一人に、できることは限られている。専門家が集まり、はじめてプロジェクトが進んでいく。

私たち地質技術者の主な業務には、探鉱初期段階でのデータ・情報が少ない地域において、相応量の油ガスが存在する可能性が高いかどうかといった鉱区の有望性評価を行うことから、プロジェクト参入後の鉱区内における有望構造の摘出やその埋蔵量推定、それを踏まえて試掘井の掘削位置を選定する作業などがあります。また、試掘にて油ガスの発見に至った場合には、坑井データの分析・評価結果を踏まえた埋蔵量の評価を実施します。これらの評価作業は、地質評価のみならず、物理探鉱的手法、掘削工学及び石油工学的手法による評価・観点が不可欠であり、状況によっては、経済性、法制の検討・評価が必要になる場合もあります。したがって、業務遂行にあたっては、地質技術者だけでなく、各分野の専門家と共に常にチーム一丸となって取り組むことが求められます。

チームとして評価に関わったプロジェクトの中で、特に印象に残っているのは、探掘井の掘削候補位置を決めるに当たり、INPEX社内にて評価を実施した後、プロジェクトのパートナー企業である石油メジャー等との技術会議で当社案を提示し協議したことです。各社それぞれの提案があり、意見が分かれましたが、我々がチーム内で評価し議論した内容をそのままパートナー企業に説明・提案した結果、最終的に当社案が採用されることになりました。これは、自分たちチームでの評価結果の妥当性を信じて、意見の異なるパートナー企業に懇切丁寧に説明したことで、最終的に同意を得ることができたからだと思っています。大手石油メジャーに出向していた時にも、複数の専門家達でチームを作って技術評価を行いました。それぞれの分野の専門家と意見交換し、助言を貰いながらプロジェクトの評価を進めていけたことは刺激的で良い経験になりました。

必要なのは、データや情報の正しい分析と想像力。

地質技術者の難しさでもあり、また面白さでもあることは、既存のデータ・情報を正確に読み取る力に加えて、「想像力」が求められることです。私たち地質技術者は、地下にある目に見えないものに対峙しているため、取得したデータを基に、時には想像力を駆使して評価を行うと同時に、自身の評価の不確実性がどの程度であるかを常に把握するといったバランス感覚を持つことが大切だと考えています。地質技術者とは困難を伴う仕事ですが、私たちが行った評価が会社の成長に直結することを考えると、その責務の重さを感じると同時にやりがいを得ることができる仕事であると思います。

この職種に求められること

地質技術者は他の分野と比べると、専門性の高い仕事であり、中途採用応募者の方には、地質技術者としての知識・経験が求められるかと思いますが、加えて必要となるのは、業務を通じて様々な知識を身に付けようとする意欲的な探究心、そして他者の様々な意見を集約しながら自らの意見を的確に伝達する発信力です。また成長段階にある当社においては、前例のないフィールド、前例のない仕事に取り組もうとするチャレンジ精神が非常に重要となるのではないかと思います。そのことが、数多ある石油開発会社との競争に勝つための原動力になるのだと強く感じています。

  • 前の社員へ
  • 次の社員へ
  • 地質技術者/落合 浩志/2004年入社/新規プロジェクト開発事業本部新規探鉱ユニット
  • 油層技術者/池田 修一郎/1998年入社/評価技術ユニット油層グループ
  • ガス営業/飯田 俊輔/2010年入社/ガス事業ユニットガス企画グループ
  • 財務/西村 治毅/2008年入社/財務ユニット資金グループ
  • 情報システム/石川 寛享/2011年入社/情報システムユニット情報システムグループ
  • HSE (Health Safety Environment)/西牧 良一/2009年入社/HSEユニットHSEシステムグループ
  • ガス営業/田中 嘉雄/1998年入社/天然ガス営業ユニット天然ガス営業開発グループ
  • プロジェクト保険/会田 宜弘/2012年入社/資材・保険ユニット保険グループ

※募集職種と掲載している社員の職種は、同一とは限りません。