「健康・安全・環境という3つの側面から、プロジェクトを支えるINPEXのHSE。」HSE (Health Safety Environment)/西牧 良一/2009年入社/HSEユニットHSEシステムグループ

INPEXに中途入社してから約3年間、HSE部門で勤務しています。日本ではあまり馴染みのない職種かもしれませんが、HSEとは健康(Health)、安全(Safety)、環境(Environment)のことであり、当社ではマネジメントにおける最重要課題の一つとして取り組まれています。石油・天然ガス開発事業では、砂漠や海上など、様々な環境下で多種多様な作業が行われており、その活動に介在する健康、安全、環境リスクを適切に管理して、当社の持続可能な発展を支えること、それがHSEの使命です。私たちの管理対象はINPEX従業員だけではなく、協力会社の社員や周囲の住民の方々などINPEXが推進するプロジェクトに関わる全ての人たちの健康や安全、そして周辺環境を守ることで、プロジェクトが円滑に進むようにサポートする。全社的に見れば何万人もの人々の仕事や生活を支えることになる、とても重責でやりがいある仕事に取り組んでいます。

様々な専門知識を駆使し、INPEXを守る。

現地で働く作業員の疫病対策などの健康管理は十分か。作業員が怪我した時の医療搬送体制は整備されているか。高所や閉所での作業が安全に実施されているか。プロジェクトが現地の生態系や地域社会へ悪影響を与えないか。社員を乗せたヘリコプターが墜落することはないか。医学や安全工学、環境学など様々な分野の専門知識を駆使し、想定しうるリスクによる被害を最小限に抑えるためにリスクの種類に応じて対策を講じていきます。つまり、HSEとはリスクマネジメントであり、組織やプロジェクトに潜在する多種多様なリスクを取り扱うため、業務内容がこれだけ多岐にわたる職種はないのではないでしょうか。“不確実性”を事前に想定し、専門知識を使ってそのリスクを最小化することがHSEの醍醐味であり、私自身もその知識欲をくすぐる業務に楽しく取り組んでいます。

プロジェクトマネジメントの基本は、国境を超えて、活かされている。

日本を代表する重工メーカーに新卒で入社。環境プラントエンジニアとして11年間勤務し、環境エンジニアリングの知識や、「コミュニケーション」「スピード」「情熱」というプロジェクトマネジメントの大切な要素を習得しました。その後、繊維メーカーを経由してINPEXへ入社。そして今、INPEXが推進しているオーストラリアやインドネシアなどの大型LNGオペレータープロジェクトを統括管理する本社のHSE部門に所属しています。エネルギー開発事業に必要なことは、様々な国籍や専門家の人々を束ね、一致団結してプロジェクトを進めること。そのうえで大切なのは、HSE分野の専門スキルだけではなく、いかに他の組織と一体になって効率的に業務を実施するなどといったプロジェクトマネジメントのスキルです。INPEXは、今、正に大きく発展しようとしている企業。だからこそ、そのスキルを活かせる舞台も無限大に広がっていると、私は考えています。

この職種に求められること

HSEの業務内容はとても広範で、様々な分野の知識や経験が必要になります。しかし、全ての分野の深い専門知識を身につける必要はありません。当社に足りない部分は外部の専門家と協力して業務を行うことで補うことができるからです。本当に求められることは、専門スキルというよりは、基本的な業務管理スキルと自身の新しいフィールドに積極的に取り組む気概でしょうか。様々な業務に対して、どれだけ素早く、的確に処理できるか。幅広い業務を担当し、膨大な情報を操るHSEだからこそ、その能力は欠かせないと思います。

  • 前の社員へ
  • 次の社員へ
  • 地質技術者/落合 浩志/2004年入社/新規プロジェクト開発事業本部新規探鉱ユニット
  • 油層技術者/池田 修一郎/1998年入社/評価技術ユニット油層グループ
  • ガス営業/飯田 俊輔/2010年入社/ガス事業ユニットガス企画グループ
  • 財務/西村 治毅/2008年入社/財務ユニット資金グループ
  • 情報システム/石川 寛享/2011年入社/情報システムユニット情報システムグループ
  • HSE (Health Safety Environment)/西牧 良一/2009年入社/HSEユニットHSEシステムグループ
  • ガス営業/田中 嘉雄/1998年入社/天然ガス営業ユニット天然ガス営業開発グループ
  • プロジェクト保険/会田 宜弘/2012年入社/資材・保険ユニット保険グループ

※募集職種と掲載している社員の職種は、同一とは限りません。